<事例7> レーシック医師としての勤務

年収2000万以上医師求人TOP >> 事例 >> <事例7> レーシック医師としての勤務

<事例7> レーシック医師としての勤務

レーシック医師は非常に年収が高いのが特徴であり、年収3000万円のかたも珍しくありません。眼科の世界で一番利益を出している治療分野はレーシックであり、今後勢いがすぐに衰えということはなく、今後最低でも10年は活躍できます。落ち着いて働くことができるとともに、年収が良いレーシック医師になりたいというかたは少なくありません。夜勤もないので、ご家族がいるかたも安心して働くことができます。この機会にレーシック医師になることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

35歳の男性医師の場合は、レーシック医師としての実績が評価され、転職に成功しました。年収は約300万円アップし、2500万円程となりました。面接では、角膜内リング挿入手術、眼内レンズ挿入手術、電動式角膜形成術などの経験をアピールできたことが面接官のかたに良い印象を抱かれたと感じています。勤務時間も転職をしたことによって短くなったのに、年収が上がったので、大変満足しています。ご家族との時間もとりやすくなったので、家族も喜んでいると語っています。

28歳男性医師の場合は、レーシック医師として働いたことがないのに、転職をすることができました。レーシック医師になりたいというかたが増加していますが、医師の数が少ないクリニックも多数存在しています。転職支援サイトに登録をし、非公開求人を紹介してもらい応募したことがレーシック医師になれた要因だと語っています。入職時でも年収が2000万円を超えており、能力や実績次第でどんどん給料がアップし、これから先も活躍できる業界で働けているということも満足をしています。基本的にはレーシック医師として勤務していたことが高く評価されますが、レーシック医師として働いた経験がないかたでも採用される可能性は十分あります。高条件の求人はすぐに応募者が殺到してしまうので、求人を見た時にはすぐに応募をしないといけません。

転職をしたいというかたは年々増加しています。終身雇用という言葉が無くなりつつある世の中で給料や待遇を良くするためには、今の職場で働き続けるより、転職をしたほうが良い結果になることが多いです。転職者がよく利用しているサイトは転職支援サイトです。転職支援サイトを利用するメリットは、キャリアコンサルタントのかたに相談をできる点や数多くの求人を見ることができる点です。登録や利用の際には一切お金がかからず、転職活動費に不安があるかたも安心して利用することができます。

年収2000万以上の医師求人もあり!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師求人<※年収2000万以上>事例集 All Rights Reserved.