<事例2> 都内の眼科病院の開業医

年収2000万以上医師求人TOP >> 事例 >> <事例2> 都内の眼科病院の開業医

<事例2> 都内の眼科病院の開業医

都内の眼科病院の開業医の年収は約3500万円と言われており、高収入を得たいというかたが、開業するのは珍しいことではありません。安定した売り上げを確保することが大事であり、立地条件が良いところにしないと、後に後悔をすることになってしまいます。また、ほかに開業しているかたがいないかチェックすることも忘れてはいけません。開業医のかたが失敗するケースで多いのが、マーケット戦略をおこなっていないことです。開業をしているかたが少ない場所で営業をおこなうのが一番であり、都内だからという理由で営業をすると、患者様の取り合いになってしまい、借金だけが残ってしまうケースがあります。

眼科医として独立をしたいと考えているかたは少なくありません。収入が大幅にアップするとともに、自分のやりたい方針で治療ができるという喜びがあるからです。独立をするために必要なのは、一通りの検査や治療の経験です。ご自身が担うお仕事量が多くなり、わからないことを先輩の医師に聞くことができないので、どんな内容のお仕事でもスムーズにおこなうことが絶対条件と言っていいでしょう。都内にある大手の病院は忙しく、しっかりと業務内容を覚える、できるようになるために適した環境ではないので、地方の病院で勤務し、しっかりお仕事を覚えるのがおすすめです。

開業をするためには、開業資金の問題があります。購入しないといけない医療機器は、スリットランプ、眼底カメラ、レフケラなどであり、用意をしないといけない資金は2500〜6000万です。テナント開業の場合は、5000〜7000万となります。開業をしたら収入がアップすることが多いですが、必ずしも収入がアップするという訳ではなく、最悪の場合は店舗を閉めないといけないケースもあるので、借金をするのではなく、ご自身の貯金でおこなうのが一番です。しっかりと数年先の開業を見据え、資金を貯めることやスキルをアップされせることが必要であり、相当なリスクがあるということも覚えておいてください。

転職支援サイトを利用し、転職をするかたが増加していっています。インターネットの普及にともない、誰もがインターネットを使う時代であり、求人雑誌を利用するかたが減ってきています。転職支援サイトに登録をすれば、キャリアコンサルタントのかたに転職のことを相談できるのも利用されている大きなポイントになります。能力や要望に沿った求人を紹介してくれるので、転職先探しで失敗することは少なくなります。

年収2000万以上の医師求人もあり!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師求人<※年収2000万以上>事例集 All Rights Reserved.